風俗営業や水商売を公認会計士・税理士小松由和(小松会計事務所代表)が税金・節税・税務調査に絡めて解説するサイトです。

店舗型風俗

店舗型風俗は東京都ではもはや許可が下りることはほとんどない世界です。ファッションヘルスやソープランドなどのことを言ってるのですが、双方とも東京では厳しく規制されています。

シーツやバスタオルの業者がものすごい数の量をとりあえず納品されている思いますから、ちゃんと管理できているかどうかを確認しましょう。変なところを税務署は突っ込みにきます。源泉所得税の計算はちゃんとしていますか?キャストの女の子を外注扱いしている場合に交通費なんかを支給していませんよね。営業本数と人員配置に関する計算表はちゃんと作成していますよね。していないと架空人件費の計上を疑われます。売上のシステムは大丈夫ですか?衣装代や延長料金が売上票と整合していないと、そこも突っ込まれます。

さて、パチンコ・スロット店のところでも同様のことを書きましたが、同様に店舗風俗の経営者や従業員が他店の店舗型風俗やデリバリーヘルスの接客の仕方や営業方法を勉強するために、他店へ客として行き視察した場合は私は損金になると考えています。ただし、報告書は書きましょう。