キャバクラ・スナックの税務相談

源泉税の計算で遅刻の罰金は報酬金額から引いて計算しても良いですか?

源泉税の計算で遅刻の罰金は報酬金額から引いて計算しても良いですか?

はい、納税者有利に計算しても問題ございません。

お店は源泉税の負担が減り、たすかります。

裁判の判例にて、違約金についてもホステス報酬の計算要素の一部であるという判断がでた為控除はできると考えております。

小松会計事務所の見解

ホステス報酬の源泉税については以下のように計算します。
(報酬の額 ー 5,000円×計算日数)×10.21%

※報酬金額は次の額を加減算した金額になります。
【加算】
・外注契約書に明記された報酬の額
・ボトルバック
・指名バック
・No.1バック
・その他一定の加算報酬

【減算】
・無断欠勤の罰金
・遅刻等の罰金
・ノルマ達成できなかったことによる罰金等
・店外デートの罰金等
・その他一定のペナルティ等
  • 本サイトに掲載されている情報は小松会計事務所独自の見解です。 法的な解釈は条件によって異なる場合があります。

キャバクラ・スナックの税務相談Q&A 他の記事

業種から選ぶ!税務相談Q&A

まずはお気軽にご連絡ください。

  • 電話/LINE相談 初回無料!
  • ご面談 初回1万円均一!
03-6218-0318 営業時間:平日10:00〜18:00
  • メールで相談
  • LINEで相談LINE

まずはお気軽にご連絡ください。

03-6218-0318
営業時間:平日10:00〜18:00

LINEでお問い合わせ

「小松会計事務所」を友だちに追加して
LINEからお問い合わせください。

または

LINEに友達追加