ソープランドの税務相談

男性スタッフ(黒服)の税法上の契約はどうなりますか?

男性スタッフ(黒服)は従業員or外注業者どちらですか?

男性スタッフ(黒服)は原則として従業員として扱います。

外注業者となる場合もあるのでしょうか。

経営者の直接の指示を受けず独立してお店に関わっている場合は外注業者として 考えることもできます。その他、女性やお客を紹介する対価でお支払いする場合についても外注業者が想定されます。 こちらの取り扱いは要相談事項となります。

給与の場合は給料から源泉徴収の天引きは必要ですか?

はい、お店側が給与から天引きし、税金を納める必要がございます。

小松会計事務所の見解

基本的にはお店で働く黒服は給与扱いになります。
したがって、毎月指定されている月額表に従い、給与の額に応じて源泉税を給与から天引きして翌月の10日までに店が源泉税を支払わなければなりません。 ただし、黒服が9人以下の場合には、半年分をまとめて7月10日、1月20日までに支払う方法に変更することもできます。事務負担が多少軽減されると思います。 例外として外注業者もあげましたが、実務上は稀なケースだと思います。業務実態をきちんと調べ、契約書等も確認する必要があるかと思われます。
  • 本サイトに掲載されている情報は小松会計事務所独自の見解です。 法的な解釈は条件によって異なる場合があります。

ソープランドの税務相談Q&A 他の記事

業種から選ぶ!税務相談Q&A

まずはお気軽にご連絡ください。

  • 電話/LINE相談 初回無料!
  • ご面談 初回1万円均一!
03-6218-0318 営業時間:平日10:00〜18:00
  • メールで相談
  • LINEで相談LINE

まずはお気軽にご連絡ください。

03-6218-0318
営業時間:平日10:00〜18:00

LINEでお問い合わせ

「小松会計事務所」を友だちに追加して
LINEからお問い合わせください。

または

LINEに友達追加